ワキガの原因について

ワキガに悩まされる人は、お風呂に入ったり、デオドラント剤を取り組んでみたりと、色々な頑張り続けています。 しかしニオイがなかなか無くならないことが多く、悩みも深刻なものになってきます。

 

元を正せば「ワキガ」は何が原因なんでしょうか。
汗はエクリン汗腺・アポクリン汗腺と皮脂腺から出ています。

 

エクリン汗腺から出ている汗は、一般的に誰でも気温が上昇した場合やアツいものを食べた際に出てくる汗です。ほぼ水分の全身にある汗腺になります。

 

脇やデリケートゾーン周囲など一部に分泌しているのがアポクリン汗腺です。

 

アポクリン汗腺、脂質・糖質・アンモニア・タンパク質などが含有されていて、粘り気や黄色い色が生じることが特徴の汗腺になります。

 

ワキガの場合に、アポクリン汗腺から出た汗でシャツの脇が黄色くなることがあります。

 

原因は、アポクリン汗腺から出た汗が、皮膚の常在菌によって分解されることです。

 

ワキガの場合、アポクリン汗腺から独特な臭いを発し、、汗が多く出る体質だと言えます。

 

遺伝の場合が多く、両親のどちらかが、ワキガである場合は遺伝する確率は50%です。

 

更に、両親がともにワキガの場合は80%の確率と言われています。

 

ワキガの自覚は、難しく、個人差があります。

 

幼いころから発症する人や、思春期に発症する人もいます。

 

女性の場合、生理や妊娠・更年期障害などホルモンバランスの変化などでワキガになることもあります。

 

日本人は臭いにとても敏感なところがあり、ワキガの悩みを感じている人は、長期間辛い思いをします。

 

ワキガでない人も、睡眠不足や食生活の乱れなどが原因で、ホルモンバランスを崩してしまいます。

 

辛いものが好きな人は、刺激物を摂り入れることで、汗腺を刺激してしまいます。

 

そのため、汗が多く出るのでアポクリン汗腺が活発になり結果的に臭いを発します。

 

運動不足の生活を送っている場合、蓄積された老廃物と汗の臭いが一緒になってしまいます。その結果、体臭がさらにきつくなる場合もあります。

 

何にせよ出来るかぎり夜更かしを避け早寝早起きをする事が大事です。

 

バランスの良い食事を心掛けるて、臭いの改善に務めましょう。

 

ワキガの原因は遺伝もありますが、生活習慣の見直しや毎日の意識付けで、改善することもあります。

 

毎日の心がけが重要になります。