加齢臭って何?

加齢臭とは、年を繰り返して加齢することがきっかけとなり現れてくる臭いのことです。

 

加齢臭はバルミトオレイン酸が分解されて、ノネナールという不飽和アルデヒドになり、その物質がくさいニオイを放出します。

 

これは化学的に解明された真実で、有名企業の研究成果なんです。

 

この臭いは古本のような臭気、青臭い悪臭、チーズの様なニオイです。

 

臭いは原因物質があり、それが気化や微粒子になって空気中を漂って鼻に侵入して、嗅覚で感じ取るものです。

そういう理由で、この3つの条件を断ち切れば「悪臭」はしなくなります。

 

臭い物質がないとニオイはしません。臭い物質は、酸化や分解という化学変化で生じてくる物です。

 

よくある話だと、豆腐や卵が腐っても、とても嫌な臭いがします。

 

元々は、とても良いニオイがしていますよね。

 

残念なことに腐ると全然違った物質になって、とても嫌なニオイを出してしまいます。

 

臭い物質があっても気化や微粒子化しなければ、臭わないのです。臭い自体は冬場より夏場の方がより感じます。

 

例えて言うなら夏のとても暑い日に、人ごみに揉まれると体臭が何処からとなく漂ってくるでしょう。

 

おじいちゃんやおばさんの加齢臭や、若い女性の香水の臭い。これはほとんど臭い物質が気化しやすくなるからなんです。

 

臭い物質は冷やしていると臭いがしなくなります。

 

なんでも新品のうちは、嫌なニオイはしません。

 

でも古くなってくると臭いが発生します。

 

この現象は空気中の酸素と結び付いて、一番初めにあった物質とまったく異なる別の物質に変化するからなんです。

 

その変化してしまった物質がニオイ物質なので臭うんです。

 

私たち人間も加齢してくると臭いやすくなってきます。

 

原因は、空気中の酸素と汗、皮脂腺から出てくる物質が混ざり合ったり、常在菌で分解されたりしてノネナール」に変化するからなんです。

 

加齢に伴い体内から排出される臭い物質が増加して、酸化や分解がされやすくなります。