加齢臭の原因

加齢臭の原因は加齢なんです。年老いると皮脂腺から分泌されるニオイの元になる物質が増大し、皮膚の表面に存在している常在菌の量や性質の質が変化してしまいます。

 

そして、分泌物の酸化や分解が起こって、臭ってしまいます。加齢臭は、ノネナールという物質である事が2000年に分かっています。

 

後になってノネナール以外の臭い物質も発見されています。

 

1つは、ぺラルゴン酸という物質です。古い油みたいな悪臭がします。

 

これらは、加齢により新陳代謝が損なわれる30歳中頃から増加するというのが一般的です。 しかし同じ年齢の人でも臭う人と全然臭わない人がいます。

 

その違いが認識できると、加齢臭対策が行いやすくなります。その違いは、なんでも見た目の若さからだそうです。

 

年齢を重ねている人は加齢臭が確かにあります。最新の医学では、若く見える人は内臓も若いんだそうです。見た目が若い人は、身体が若いと言う事が科学的に明らかにされようとしています。

 

人を老けさせる原因には、外的要因と内的要因などがあります。外的要因というと紫外線や放射線。それに大気汚染や水質の悪化などが挙げられるでしょう。

 

老ける原因になる事は、出来るだけ入り込ませないようにしたいものです。

 

内的要因になるのは、食事や睡眠、それにストレス発散の方法によります。

 

食事に関しては、氾濫しているジャンクフードは老ける原因の1つとされます。

 

食事や睡眠、どれも少しでも老いを感じるようなら、やり方を変えてみることが大切です。